家賃で賃貸を選択する方法

賃貸物件を退去した後、預けていた敷金が返還されます。敷金の精算についての方法などについて。

検索フォーム
注目記事
家賃で賃貸を選択する方法

賃貸物件の敷金精算について

賃貸物件を借りる時には敷金として1ヶ月分程度を大家さんに預けるのが一般的です。敷金は預り金となりますので、大家さんに退去するまで預かってもらいます。その物件を退去する時に敷金の精算はどのようになるのでしょうか。敷金は借主の責任がある汚れや故障などをきれいにしたり修繕する費用に充てられます。自然に故障した設備や自然消耗については借主の責任ではありませんので安心してください。退去の際には大家さんか管理会社立ち合いの退去チェックが行われます。

退去してから少しすると、敷金の精算書が管理会社から送られてきます。修繕にいくらかかったのか確認し、承諾すると残金を振り込んでくれます。思ったよりも修繕が高いとか何か疑問があれば我慢しないで質問してみると良いです。また、もう少し安くできませんかと交渉することもできます。管理会社から修繕の業者に交渉してくれることもあります。

敷金は契約に必要なお金ですが、敷金の行き違いもあるので国土交通省や自治体などでガイドラインが発行されていますしインターネットでも内容を確認することができます。契約書にも敷金精算については記載されていますので、何もわからないと思わずに借りる時から敷金についてきちんと把握しておくことが大切なのです。