家賃で賃貸を選択する方法

賃貸の敷金については国土交通省から原状回復とトラブルをめぐるガイドラインというものを基本に契約します。

検索フォーム
注目記事
家賃で賃貸を選択する方法

賃貸物件の敷金ガイドラインについて

賃貸借契約をする場合にはほとんどの物件において敷金が必要になります。敷金は礼金と違い、契約終了後に戻ってくるお金になります。退去後の原状回復をめぐっては貸主と借主双方で行き違いがあることも多く、国土交通省により原状回復とトラブルをめぐるガイドラインが定められています。

原状回復とトラブルをめぐるガイドラインについては、賃貸借契約時に必ず不動産会社から説明を受け確認し、貸主と借主双方で署名捺印をするものです。ここで原状回復とはどのようなものを言うのでしょうか。原状回復というのは借りた時と同じ状態に戻すということです。しかし、日焼けした壁紙や畳など自然消耗は元に戻さなくてもよいことになっています。あくまでも故意過失や管理義務を怠っていた場合のみ適用されるものです。また扉を外して使っていたものを元に戻すなどです。

大家さんによっては退去後のルームクリーニングは借主負担で敷金から精算したいという希望の物件もあります。クリーニングは原状回復には当たりませんが契約書の特約事項に記載されていることもありますのできちんと確認しましょう。基本的にはガイドラインを前提に契約しますが、特約も双方で納得し文書になっていれば認められるものです。