家賃で賃貸を選択する方法

最近礼金や敷金のない賃貸物件があります。借主には退去後、部屋を原状回復する義務があります。

検索フォーム
注目記事
家賃で賃貸を選択する方法

敷金がない賃貸物件の原状回復費用

最近、礼金なし敷金なしの賃貸物件が増えています。このような物件の場合、退去した後の原状回復についてはどのようになっているのでしょうか。まず例としては敷金がない場合でも室内のクリーニング代金を契約時に前払いしておくケースがあります。掃除は専門業者が行いますのでワンルームで15,000円から20,000円などと結構な金額がかかります。クリーニング代は退去時に支払うという契約条件のものもありますので退去時に慌てないように準備しておく必要があります。

原状回復とはどのような範囲をいうのでしょうか。国土交通省が定めている原状回復のトラブルとガイドラインについてでは、自然消耗を除く故意過失や管理注意義務を怠った場合には原状回復は借主負担であるとしています。管理注意義務を怠った例としてはエアコンの水漏れを放置してカビが生えたとか、エアコンのフィルター清掃を怠って埃が積もったせいでエアコンが故障したなどということが考えられます。

敷金がない物件では、退去後原状回復の費用をたくさん請求されないようにお部屋をきれいに使うことが大切です。定期的に室内や排水溝、エアコンなどのフィルター清掃を行い、床に何かこぼしたらすぐ拭くとか、カビをたくさん生えさせないようにお風呂場や洗面台をこまめに清掃するなど日頃から努力しましょう。

関連記事・情報