家賃で賃貸を選択する方法

初めて賃貸物件を借りる時には、条件の優先順位を明確にして物件を選び、家具等は少しずつ揃えた方が良いです。

検索フォーム
注目記事
家賃で賃貸を選択する方法

初めて賃貸物件を借りる時に気を付けること

大学進学や就職等、新生活に備えた住居として、初めての賃貸物件を探す場合、どこから手を付けて良いかわからない、土地勘も無いということで、とりあえず不動産屋に行って相談する、いう人も多いかもしれません。しかし、まずは希望の条件とその優先順位を明確にする事が大切です。不動産屋に行ってから考える、という場合、優先順位が曖昧になって決めることができなくなってしまったり、確認すべき点を確認し忘れてしまったりしがちです。最近ではインターネット上で通勤通学時間、家賃、広さ、築年数等の条件で絞り込みながら、簡単に希望地域の賃貸物件を探す事ができます。最低限不動産屋に行く前に、家賃、通勤通学時間や交通費の上限は決めておいた方が良いです。条件を明確に伝える事で、不動産屋側も希望に沿った物件を紹介しやすくなります。

また、物件を内覧する時にチェックすべき点もリストにして持っていきます。洗濯機置き場、窓のサイズ、廊下や玄関ドアの幅等は内覧の時点で確認しておくと、部屋選びと並行して家具やカーテン、家電を選ぶ時に便利です。特に、物件への引越し当日に、カーテンが無いと外から丸見えになってしまいます。カーテンは部屋の印象を決める重要なアイテムですから、こだわって探したい方はサイズを忘れずに測っておくと良いです。また、部屋の写真を撮っておくと後から気づく点もありますので、部屋の写真を撮っておくことも良いと思います。