家賃で賃貸を選択する方法

自宅を賃貸物件として貸すことになったらどのようなことをすれば良いのでしょうか。リフォームや家賃管理など

検索フォーム
注目記事
家賃で賃貸を選択する方法

自宅を賃貸物件として貸すこと

自宅を賃貸物件で貸す場合にはどのようにしたら良いでしょうか。まずインターネットなどで自宅と同じような条件の賃貸を探し相場観を養っておきます。次に不動産会社に査定してもらう段取りになりますが、複数の会社に依頼をすると良いです。査定だけなら無料ですぐ来てくれます。査定を比べてみると、査定表をしっかり作成してくれる不動産会社と、口頭でいくら位という風に査定してくれる会社があります。また査定の金額も若干差があると思いますので良く比較検討します。あまり高すぎてずっと決まらずに値下げするはめになることもありますので高いから良いというわけではありません。

自宅を貸すということは、思い出の多い大切な資産を貸すということなので、できれば大切に家を使ってくれる人に借りてほしいと思います。そのような人を紹介してくれる不動産会社ですから、やはり信頼できる良い担当者に依頼する方が良いです。また、家賃の支払いもきちんとして常識のある人ということで入居審査をしっかりやってくれる不動産会社が良いです。家賃管理などは不動産会社に任せた方が安心ですので管理体制やサービスなどもきちんと確認しておきましょう。

リフォームについては、毎日見ている自宅なので良く分からないですが客観的に見ると壁紙が汚れていたり、畳が古かったり床が傷だらけということもあります。やはり不動産会社の意見も聞き、賃貸として他の物件と見比べて見劣りのしないようにリフォームしてもらう必要があります。お金はかかりますが、早く良いお客さんを見つける為には仕方ありません。設備の不具合などもこの際しっかりと対処しておいた方が良いです。あまり予算がない場合にはクリーニングだけして安めの家賃で借りてもらう方法もありますが、賃貸として貸す上では設備の自然故障などは全て貸主が負担するものなので費用のゆとりも欲しいものです。

関連記事・情報